医療事務とは

取得しておきたい資格ナンバー1の医療事務

医療事務の資格イメージ

将来のために取得しておきたい資格ナンバー1の医療事務。なぜこれほど人気の資格なのでしょう。
それはズバリ、「ライフステージにあわせて、年齢、地域に関係なく就業できるから」「様々な就業形態が選べるから」なのです。 
病院は全国どこにでもありますし、医療事務は専門知識が必要なので年齢は関係ありません。むしろ、患者さんに接するので人生経験豊富な落ち着いた方を求める医療機関もあります。
求める人材は医療機関によって多種多様です。

医療事務の主な仕事内容

医療事務の仕事イメージ
【受付業務】
患者や来訪の方にとっては"病院の顔"というイメージがあり、特に、患者さんには気持ちよく診療を受けられるように、常に親しみのある笑顔を心がけて対応する仕事です。
【診療報酬請求業務】
医療費については、患者さんの負担した金額を除いて、残りは保険者(協会けんぽや健康保険組合)に請求する仕組みになっています。診療報酬明細書(レセプト)の作成点検は月末から月初にかけての約10日間程度に集中して行う仕事です
【会計業務】
投薬料、注射料、レントゲン料などの診療に関する計算を行い、会計窓口では、患者さんの負担分を計算し、その金額をいただくことになります。
【病歴・カルテ管理業務】
診療録(カルテ)には患者一人ひとりの診療の記録とともに、入退院歴や家族構成などプライバシーに関することが記載されています。そのカルテに基づき、患者のデータや病院のデータ管理などを行います。
【病棟クラーク】
入院施設のある医療機関で、入院患者のカルテをはじめ、書類の作成その他諸手続を病棟で行います。

医療事務の魅力

医療事務の魅力イメージ
【資格取得者の就職率が高くなっています。】
医療機関の管轄省庁である厚生労働大臣認可の財団が実施する『診療報酬請求事務能力認定試験』の合格者は、医療機関から注目されています。
【資格取得の学習により、医療の基礎知識も修得できます。】
ご自身や家族の医療費が計算できるようになり、日常生活で役立つことはもちろん、昨今、話題となっているレセプト開示の際にも役立ちます。

【「やりがい」を実感できる仕事です。】
医療に対する貢献というやりがいを実感しつつ働くことのできる、医療活動に欠かせない専門職です。さらに病院の収入源である診療報酬請求を担うなど、重要な位置づけにあります。
さまざまな勤務形態があります。
パートタイマーやアルバイト――短期間・長期間など勤務形態は様々です。レセプト(診療報酬明細書)の作成がメインとなる業務もあり、月末から月初にかけての約10日間のうちの何日かという仕事もあるなど、ライフスタイルに合わせて以下のような就業スタイルを選べます。

●通常の常勤形態
一般的な勤務スタイルです。医療事務をトータルに、または専門的に、より多くの経験と幅広い技能を得るためにはやはりフルタイム勤務が最適です。医療の最前線、やりがいがいっぱいです。
●パート勤務
週に何日か働きたいという人に最適です。家庭と仕事の両立、多くの先輩たちがしっかりこなしています。
●サイドジョブ
プライベートを優先しつつ収入を得たい人に最適なのがこの形態。リーダーを中心に月末から月初に診療報酬請求業務をこなします。働く期間が一定ですので予定も立てやすく掛け持ちなどの欲張りもできます。

レセプトとは?

レセプトイメージ

私たちが病院にかかる時、保険証を窓口に提示して治療してもらいます。そして医療機関は、診療録(カルテ)に基づいて、診療報酬明細書(レセプト)を作成して保険証の発行者つまり保険者(協会けんぽや健康保険組合)へ請求します。 その間には、審査支払機関(レセプトのチェック機関)が設けられています。社会保険のレセプトは支払基金へ、国民健康保険のレセプトは国保連合会へそれぞれ提出して請求します。 この明細書のことをレセプトといいます。月末から月初にかけて、日々の診療行為を正しく請求していくレセプト作成業務も医療事務の大きな仕事です。これには、正確さと迅速さが必要とされます。

資格をとるなら 資格スクール 大栄

お電話でのお問い合わせは各教室までお気軽に
北信越 北海道 東北 九州沖縄 関東 東海 関西 中国・四国

CMギャラリー

キャンペーン情報

全額OFF

日商簿記3講座

医療事務合格パック

医療事務合格パック

社労士合格パック

公務員講座

宅建合格パック

司法書士講座

通信講座 受講生の方

受講ログイン